カンガについて




カンガとは東アフリカの民族布で、スワヒリ語で「ホロホロ鳥」という意味。
ホロホロ鳥の羽のようなドット模様がデザインのルーツになっていることなどから名づけられました。

大判(160×110cm)の一枚布で、素材はコットン。
布のまわりの縁取り部分と中央部分に、さまざまな模様が描かれています。

通常は2枚ひと組で売られており、
東アフリカでは女性たちが色とりどりのカンガを胸や腰に巻いている姿を目にします。

その着こなしは100通りもあると言われるほか、
荷物を運ぶのにも、敷物としても、生活のさまざまなシーンで使われています。

赤ちゃんが産まれた時には新しいカンガをおくるみにし、女性がなくなった時にはカンガで覆って葬るというくらい、
女性たちの人生になくてはならないものです。

カンガには必ず「カンガセイイング」と呼ばれるスワヒリのことわざや、道徳的な格言、愛の言葉などが書かれています。

女性たちはカンガでおしゃれを楽しむだけでなく、
自分の気持ちをあらわす言葉を選んで身にまとい、心の内をアピールしているのです。

【カンガセイイングの種類は大きく分けると6種類あります】

(1)スワヒリ語圏に伝わる昔ながらのことわざ
(2)人生の教訓・指針。人生の何たるかを教える言葉。
(3)母親や妻としての誇り、両親への感謝を表す言葉。
(4)恋愛・結婚に関する言葉。
(5)神への感謝・祈り。神の祝福を願う言葉。
(6)社会的・政治的なスローガン。







Kanga

Kanga is the ethnic cloth of east Africa and means "Guinea Fowl" In Swahili.
I t was names after the design of dot which the feather of Guinea fowl had.
Kanga is the cotton cloth the Large format(160×110cm)of one piece, which has a various colorful patterns.

In East Africa, we can see the women wrap the colorful Kanga on their Chests and waists.
There seems to be 100 ways of wearing and used as carrying baggage, wrapping a baby, spreading a carpet and so on.
There must be it in the life of women.

Always Kanga has the proverbs "Ki swahili wise saying", moral proverbs, and the words of love.

Women are not only enjoying fashion with the Kanga, also worn by selecting the words that represent their own feeling.





  • 左)カンガを巻いてスカートに

  • 右)モンバサのカンガの着こなし