サイザルバスケット(バッグ・かご)

ケニアではサイザル麻で編むカゴ作りが盛んです。

サイザル麻はリュウゼツランという植物の葉の繊維で、実は麻の仲間ではないのですが、もっともポピュラーな繊維である「麻」と、その繊維が積み出されていた港の名前「サイザル」から名づけられました。

乾燥した土地に育つたくましい植物で、その葉を刈り取って繊維をとりだし、糸に撚って、編みあげる、すべての工程が職人による手作業で行われています。

丈夫で通気性がよく、バッグとしてはもちろん、インテリア・収納アイテムとしても人気があります。

enplusではシーズンごとに、編みかた・柄・サイズを変えて、新しい商品を少しずつ作っています。
新しい商品をつくることは、職人にとっては難しい挑戦です。
失敗したり、何度もやり直したり、上手くいかないことのほうが多いです。
ですが、時にすばらしい仕上がりが生まれることもあるのです!

日本の厳しい商品規格を職人たちに理解してもらうことは、
文化の違いや、暮らしの優先順位の違いを理解しあうことでもありました。

おおらかで明るいケニアのお母さんたちの笑い声が、
バスケットの編み目から伝わるような気がします。

サイザル麻のバスケットは、ケニア内陸部に住むカンバ族の女性の手仕事。
カンバ族はケニアにある42の部族中5番目の人口数で全体の10%ほどを占めています。

enplusの商品は、ケニアの首都ナイロビから少し離れたマチャコス、
キツイ地方の職人たちの手によるものです。

彼女たちは家事、育児、畑仕事のかたわら、おしゃべりしながら、店番しながら、
歩きながらでも、バスケットを編んでいます。

サイザル編みの技術は母から娘へと伝統的に受け継がれます。
しかしながら、バスケットを編むのは地道な作業。
ファインウィーブと呼ばれる、完成まで1~2カ月とかかるものは
熟練の職人にしか作れず、高齢化によりその作り手が少なくなっています。

カララ村に住む職人。
家から工房までサイザルを編みながら来てくれました。
キバウニ村の職人たち。
工房へ向かう道を編みながら、おしゃべりしながら。
座わって編む職人たち
みんな集まって、チャイを飲みつつ、木の下で編む職人たち

Sisal Basket (Kiondo Basket)

Knitting a basket with sisal is prosperous in Kenya.
Sisal hemp is fiver of leaf of plants “Ryuzetsu Ran”,in fact sisal hemp is not the kind of a linen.
But it was named after both of Linen(very popular)and the port Sisal which the fivers were shipped as cargo.

These plants are strong enough to grow up in the dry earth.
The fivers taken from the leaves,are made into threads and knitted into the baskets.
These all steps are carried out by cfaft men.
The baskets are so strong,that they are popular as storing items,only as bags.

Every season we make new baskets by changing the weave,patterns,and size.
Kenyan mother’s generous and bright laugher seems to be heard from the mesh of the sisal basket.
We hope you will pick up something in your hand,and check it by yourself.