生活の中のenplus(加える)vol.10『ラウンドマット』

こんにちは、オンプリュスタッフ宏子です。

10回目はラウンドマットについてご紹介させていただきます。

ラフィアマット、トロマット、ヌビアンマットなど、マットの素材や作る民族によりネーミングを変えてwebに載せています。ラウンドマットは普段の生活にどう取り入れるの?と思われると思います。日本の生活様式を考えると、マットに直接食べ物を置くということはしないような気がします。

一番用途が多そうなのは、鍋敷きだと思います。ルクルーゼやSTAUB、ビタクラフトの鍋を使っている方が多いと思うので、そのまま鍋を食卓に置いて・・・という機会もあるのではないでしょうか。そんなときにぜひ敷いていただきたいです。

また、グラタン皿を乗せて使うのに十分な大きさのサイズですので、食卓にラウンドマットを敷いて直接グラタン皿を置くのもおすすめです。マットSサイズは日本の一般的な鍋敷きより一回りくらい大きく、マットLサイズは大皿と同じくらいの大きさがあります。

こちらも使わないときはキッチンや食卓の近くの壁に下げて飾っておき、使うときに食卓へ置くという使い方で楽しんでいただきたいと思います。

 

現在、鎌倉のアトリエキカで『キッチン展』開催中です。ラウンドマットの大きさや手触りなど直接見ていただける機会ですのでぜひ、お手にとってご覧ください。

ラウンドマットSサイズΦ20cm~(2,000+税~)、ラウンドマットLサイズΦ30㎝~(3,500円~)