生活の中のenplus(加える)vol.9『ザンビアのザル』

こんにちは、オンプリュスタッフ宏子です。

2021年最初のブログになります。今年もよろしくお願いします。

9回目はザンビアのザルについてご紹介させていただきます。

今までは実際に生活の中に取り入れているenplus商品をご紹介させていただいておりましたが、こちらのザンビアのザルは、私も先日初めて見て触ったとても感動した商品になります。

enplusオーナーの志保さんはケニアとウガンダ(2019)へ仕入れに行っています。ケニアとウガンダのかごはどことなく似ているそうです。倉庫でちょっと雰囲気の違うかごを見つけたところ、それはザンビアのザルとのでした。私はザンビアといえば、サファリを思い浮かべます。何だかそのイメージどおりの自然と生命を感じるザルなのです。素材は椰子の木であることのみわかっていますが、椰子の木の枝を椰子の葉で編んでいるのか、水草が使われているのか細かい部分は今のところわかりかねます。内側は茶色の細い枝を組み合わせて作った模様が繊細で、外側は白い別素材(部位?)を使った二重構造になっています。

野菜を入れておくのもいいし、使わないときは部屋に下げておきたいと思うザルです。

 

こちらのザンビアのかごとザルは明日(1月22日)より鎌倉のアトリエキカさんで開催されるイベント『キッチン展』へお持ちします。気になる方はぜひ手にとってごらんください。ザンビアのかごM3,800+税)、ザンビアのザル(5,000+税)です。